スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十四節気 虫のお話 原画展

二十四節気・虫のお話三部作 『虫のいどころ 人のいどころ』『虫のお知らせ』『虫愛づる姫もどき』(おのりえん著/理論社)の挿絵を展示して頂けることになりました。
おのりえん先生+私のサイン本も各巻あります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

二十四節気 虫のお話 原画展

<期間> 2015年3月21日(土・祝)~4月17日(金) 最終日17:00まで
<場所> ジュンク堂書店池袋本店 8階児童書売場(壁面に展示)
営業時間:月~土10:00~23:00 (日・祝10:00~22:00) 年内無休

理論社公式サイト内イベント・ニュースページ(サイン本ラクガキ見本あり)

ジュンク堂書店池袋本店様と言えば、書棚の圧倒的充実で有名ですが、こちらの児童書部門も凄いです。品揃えは言うまでもなく、ともかく楽しい!
こんな本があるんだ! と、あちこちに発見があります。感想や賛同を投稿できるコーナーや、靴を脱いでお子さんたちがくつろいで絵本を読める空間まで。まさに読者と本を繋ぐ理想的な場所です。原画展はともかくとしても、児童書に興味のある方は、ぜひともご来店頂きたいです。

------以下、日記的レポ-----

3月21日初日、おの先生と理論社営業部の林さんとご挨拶に伺いました。
看板とかキャプションとか額装、構成、全部、林さんがいろいろ本当にいろいろ考えてくださって、ものすごく凝った展示にしてくださいました。
そして、ジュンク堂書店池袋本店・児童書担当、市川さんのお陰で、約1ヶ月もの間、展示して頂けることになりました。
本当にどうもありがとうございました。

20150321a.jpg

20150321d.jpg

20150321e.jpg
二十四節気、24枚のパネル一つ一つ、林さんがデザインしてくださいました。
他にも面白い虫の説明板などいろいろ、隅から隅まで作り込んでくださいました。

ジュンク堂書店の市川さんと言えば、児童書業界で知らぬ者はいないベテラン書店員様です。お会いするまでは緊張していたのですが、お忙しい中、優しく温かく迎えてくださり、感激ひとしおでした。
また、学習参考書担当の中村さんも、緊張に震える我々引きこもり族(おの先生と私)を励ましてくださった上、写真撮影までお手伝い頂き、大変お世話になりました。
林さんは、全身優しさに溢れた方です。今日は作家のお守り担当、お疲れ様でした…

20150321c.jpg
色紙まで書いてしまった…。ちっこい絵しか描けなくて唸っていたら、おの先生が空間をハートで埋めてくれた! 魔法のペン(失敗しても消せる)も貸してくれた! 神…
ところで、おの先生のイラストは無茶苦茶かわゆいです。ぜひ見に来てください。

今日は感激しすぎて舞い上がり、頭のメーター振り切れ、極めて不作法な人になっていました(いつものことですが)。また、せっかくカメラを持っていったのに碌に写真も撮れていなくて、悄然としております。
でも、サイン本をご購入くださったお客様におの先生が声をかけて、そうしたら、いつもTwitterでお話ししてくださる方だとわかって、吃驚仰天しつつも何やら天の導きを感じたり、引きこもりウジ虫の私には、滅多にない輝く一日でした。
帰りは、一人脳内反省会を行う予定でしたが、おの先生も付き合ってくださり、二人で4時間あまり、人生四方山話をして、なんだか妙にハツラツと帰宅した次第です。
皆々様にただひたすら感謝申し上げます。

03 «
2017.04
» 05


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。