スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫のいどころ 人のいどころ



おのりえん先生の小説『虫のいどころ 人のいどころ』の挿絵を描かせて頂きました。
理論社さんより、3月7日発売予定です。

【理論社HPの紹介文】
都会から緑こく、虫の多い田舎に引っ越して来たよりさん6人家族。まるで虫たちが呼び寄せたような不思議な事が次々に起き、都会育ちで虫嫌いの家族の悲喜劇が始まります。

主人公のよりさんは、大の虫嫌いなんですが、なぜか虫との縁があり、虫たちに導かれるように様々不思議体験をします。4人の子どもたちのお母さんであるよりさんと、世間に馴染めないちょっと異端のよりさんが、現実生活と幻想世界を彷徨いながら、いろいろなことを発見していく物語……でいいのかな? 以上は私の勝手な感想に基づく紹介文です。
虫は、いっぱい出てきますよ!

画像は、色校正から表紙部分を切り抜いたものです。
装丁は、南伸坊先生です。(感激)
他、本文各章にイラストを描いています。
ご依頼を頂いた時、「私、人間描けないんですが…」と申し上げたところ、編集者様は、「全部虫でいいんです」ときっぱり。おったまげました。お陰でずっと幸せな気持ちで描いていました。表紙には一応よりさんがいますが、あとは一切ヒトナシ虫オンリーという常識破りな挿絵になっております。

05 «
2017.06
» 07


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。