スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモコ1号羽化

本年度のイモコ1号が、羽化しました。


今朝、6時15分出立。

終齢幼虫(イモコ3号)

ベランダにナツミカン、スダチ、レモン、グレープフルーツの木を置いています。
アゲハ、クロアゲハが来ます。
以前、ツマグロヒョウモンの幼虫を道端で拾い、それから彼らの食草スミレも置いていますが、ツマグロは全く来ません。
春のイモコは、全て鳥に食べられてしまいました。
最近では、スズメだけでなく、シジュウカラ、セキレイまでやって来ます。
鳥たちは、イモコが小さい内は手を出しません。どうも食べ甲斐のある大きさに育つまで待っているようなのです。ですので、3齢幼虫になったらプラケースに移し、家の中へ入れるようにしているのですが、2日ほど放置していたらあっという間に完食…。



現在8頭のイモコがいます。
プラケースは、幼虫用。虫かごは、サナギハウスです。(右にいるのは友だちハニオ)
蛹化の時、イモたちは良き場所を求めてさまよい歩くのですが、その時事故に遭う確率が高く、今まで何回か気の毒なことをしてしまいました。そこで、蛹化の合図(ゲリ便をする)とともに虫かごに移すようにしました。蛹化は、ほぼ夕方以降行われるので、そろそろな感じのイモを見張っていればOKです。でも、その間どこにも出掛けられないので少々困ります。

03 «
2017.04
» 05


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。