スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫のお知らせ



おのりえん先生の小説、『虫のお知らせ』のイラストを描かせて頂きました。
理論社さんより、6月19日発売予定です。
画像は、色校正から表紙部分を切り抜いたものです。
装丁は、南伸坊先生です。

本作は、『虫のいどころ 人のいどころ』(理論社・2013年3月刊/当ブログ記事)の第二弾になります。
前作が、二十四節気の啓蟄から小満まで、本作は、芒種から白露までの物語です。
メインの登場人物は前作と同じく、虫嫌いだけど虫と縁深い不思議体質のよりさんと、その家族たち。あやかしの者たちも、新メンバーを揃え多数登場します。
続き物ではありますが、一話完結の短編がまとまった形ですので、本作だけでも充分面白く読めます。もちろん、前作から読んで頂ければそれが一番であります。

最初に原稿を拝読した時、感動のあまり前が見えないほど涙の洪水、と担当編集者さんにメールしたのですが、そんな気持ちを多くの方に味わって欲しいと願っています。

楽しく面白く、大笑いする場面もたくさんある作品です。
よりさんは、ちょっととぼけていて独特の思考回路は愉快だし、子どもたちはそれぞれまっすぐ純情、旦那さんはユーモア溢れる人です。
そんな家族の日常が、ふいに幻想世界と交差する時、我々も一気に別次元に連れて行かれ、不気味にも美しく厳かな気配に触れるのです。
今回は、子どもたちが主役となる場面も多く、金無垢の感動を味わえると思います。

それから、登場昆虫たちも、いよいよマニアック度を増してきました。
発売前ですので詳しくは記しませんが、一般的にクローズアップされることはまずないであろう連中が、各話スポットライトを浴びています。
そんな奴らを描くのは、とても楽しく幸せでしたが、今回もまた野放し状態で好き勝手に描かせてもらったため、イラストがお話の邪魔になっているのでは? と、ビクビクしております…。
本文イラストは、モノクロ18点(内見開き4点)です。

※前巻『虫のいどころ 人のいどころ』は、↓こちらです。

虫のいどころ 人のいどころ虫のいどころ 人のいどころ
(2013/03/08)
おの りえん
理論社
商品詳細を見る(Amazon)
スポンサーサイト

東京蜘蛛談話会

東京蜘蛛談話会は、クモを愛する人々が楽しく真剣にクモについて調査研究している会です。子どもからクモ研究の最先端にいる方々まで、東京だけでなく全国規模で多数の方が会員として活動されています。
私は、会誌を頂戴しているだけの幽霊会員なのですが(あ、会費はちゃんと納めてます)、とりあえず会員歴だけは20年くらいになります。

このたび、ほんの少しご縁を頂きまして、会のサイトに私の描いたクモの絵を使って頂けることになりました。
正直、恐れ多いことながら、たいへん嬉しく、こうして自慢をする次第です。
素晴らしく充実したサイトですので、クモに興味をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

東京蜘蛛談話会

ミラーカード(クモ)


カードを開いたところ


カード表面

直接存じ上げない方に頂いたのですが、すごく素敵なクモのカードなのです。
片面にプリントされたクモの巣半分と蝶が、鏡に映って↑写真のように見えます。
カード表面も素晴らしく素敵。
とても嬉しかったです。こんな所で御礼を言って申し訳ありませんが、どうもありがとうございました!

クリップ(テントウムシ)



MIDORIのペーパークリップです。
このシリーズ、鳥もあります。

04 «
2014.05
» 06


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。