スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本手拭い(虫いろいろ)



<芸艸堂>製。伊藤若冲「玄圃瑶華」より六画を組み合わせたもの。
2013年ジュンク堂で入手した記憶。
スポンサーサイト

日本手拭い(虫いろいろ)



minoji>製。「東京の虫てぬぐい」
2012年4月「-mozomozo-虫・蟲展」(高円寺たまごの工房)にて入手。
81種もの虫が描かれています! 虫の名前も封に記載されています。
イラストレーターのみのじさんの作品です。
他にもバッジやメモ帳などたくさんの虫グッズを製作されています。亀グッズの充実もすごいです(亀のご著書あり)。サイトでも購入できますので、ぜひ!

5月の「虫愛ずる一日 2012 indoor編」では、たいへんお世話になりました。
みのじさんは、常にほんわかオーラが漂っていて、少しお話しするだけでもほっと和む素敵な方でした。もっとお話ししたかったです。

日本手拭い(虫いろいろ)



minoji>製。「八重山の虫てぬぐい」
2012年4月「-mozomozo-虫・蟲展」(高円寺たまごの工房)にて入手。
多分56種の虫が描かれています(数えてみたんですが間違ってるかも)。

日本手拭い(ダンゴムシ)



minoji>製。「まるまるだんごむし+まるまるむし 抜染てぬぐい」
2012年4月「-mozomozo-虫・蟲展」(高円寺たまごの工房)にて入手。
使う用ととっとく用に2枚あります。色違いもあるらしいので欲しい!

日本手拭い(ガ)



こざいく堂>製。「蛾紋てぬぐい」
2012年4月「-mozomozo-虫・蟲展」(高円寺たまごの工房)にて入手。
こざいく堂さんは、素晴らしいビーズ細工もたくさん作っていらっしゃいます。蛾のブローチは必見です。

日本手拭い(虫いろいろ)



2010年8月「第3回むし展」(西荻窪ニヒル牛)にて入手。
イラストは、ジャン子アヤさんです。

日本手拭い(カマキリ)


↓虫部分↓


<濱文様>製。「ヘチマ」

日本手拭い(クワガタ)


↓虫部分↓


<濱文様>製。「トウモロコシ」

日本手拭い(カブトムシ)


↓虫部分↓


<濱文様>製。「夏の庭」

日本手拭い(セミ・トンボ)


↓虫部分↓


<濱文様>製。「夏もみじと竹細工」

手拭い(ハチ)



『つらつらわらじ』(オノ・ナツメ著/講談社)第1巻、手拭い付き限定版にて入手。
この手拭いが欲しくて1巻を2冊買いました!!
備前熊田家の参勤交代の道中を描いた作品で、殿様の御紋が「備前蜂」。紋は現代のデザイナーさんの手によるものです。
非常に面白い漫画です。現在3巻まで出ています。続きをものすごく楽しみにしています。

つらつらわらじ(1)限定版 (プレミアムKC)つらつらわらじ(1)限定版 (プレミアムKC)
(2010/09)
オノ・ナツメ

商品詳細を見る(Amazon)

手拭い(チョウ)



かまわぬ製。

手拭い(アメンボ)



頂き物。藍染めです。

日本手拭い(トンボ)



銀座<くのや>製。

日本手拭い(バッタ)



銀座<くのや>製。
虫の顔に愛嬌があり、ものすごく気に入っています。

日本手拭い(アリ)


↓拡大↓
v004a.jpg

アリンコの手拭いは、珍しいような気がします。

日本手拭い(クワガタ・カブト)



ゾクゾクと群がっている感じが非常に好きです。

日本手拭い(トンボ)

v005.jpg

入手先、忘れてしまいました…。

日本手拭い(クモ)



<かまわぬ>製。

日本手拭い(クモ)

v008.jpg

浅草<染の安坊>製。色違いで2枚。

日本手拭い(クモ)



袋に<produced by soi>と書いてありますが、入手先、忘れてしまいました。
非常に気に入っています。使う用と、とっとく用に2枚あります。

03 «
2017.04
» 05


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。