スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しおり(ハエ)



Twitterで諏訪さやかさんに教えて頂き、入手しました。
フライング タイガー コペンハーゲンという北欧雑貨店のものです。
ハエというとエグイ物が多いので、ハイセンスなハエ、珍しくて嬉しいです。
スポンサーサイト

タオル(コウガイビル)



大阪市立自然史博物館ミュージアムショップにて購入しました。

コウガイビルは、二十四節気虫三部作・第2巻『虫のお知らせ』に登場するムシです。
巷では結構気持ち悪いと思われている存在なので、グッズがあるとは驚きでした。
おのりえん先生と理論社の担当編集者Yさんと三人お揃いで使おうと押しつけました。

昆虫切手+押印

etc-post002.jpg

↓クリックで拡大↓


2014年6月、切手の博物館で開催された第29回昆虫切手展にて入手。

この日は、昆虫切手を見に行ったのですが、会場で販売されていた『昆虫郵趣ア・ラ・カルト』(西田豊穂・著)という本を入手し、思いがけない大きな収穫がありました。
ただ切手収集するだけではなく、切手と消印、はがきや封筒との組み合わせで、より美しい郵便物を生み出すというコアな趣味の世界があることがわかったのです。
切手の絵柄や由来を吟味し、その切手にふさわしいポストカードなどを選び、できればベストマッチの押印をし、様々背景を感じさせる郵便物を完成させるわけで、製作には豊富な知識と手間が必要です。外国の郵便局の消印をもらうため、何十通もエアメールを出すことさえあるそうです。
それぞれテーマごとに同好会もあり、日本郵趣協会のサイトを見ると、鉄道、植物、人物、文学、音楽、絵画、宇宙、その他たくさんの「部会」というものもあります。

etc-post006.jpgetc-post005.jpg

『昆虫郵趣ア・ラ・カルト』は、切手や郵便、昆虫にまつわるエピソードが山盛り濃密に綴られた博物学的エッセイ集です。専門的なことから日常のことまで、ページを繰る手が止まらぬほどの面白さと発見に満ちたご本でした。
著者の西田さんは、郵便関係のコンクールで何度も受賞されている第一人者ですが、昆虫についても収集家としてならした方です。そしてまた、婦人画報社のファッション誌『メンズ・クラブ』編集長を長年務められた方でもあります。

このご本は、正編、続編とありまして、私が会場で入手したのは続編でした。
正編読みたい…と、執念深くブツブツ呟いていたところ、なんと西田さんとお会いできるという奇蹟のような展開に。

西田さんは現在86歳。信じられないくらいお若くてハンサムで、ありとあらゆる分野に精通されていて、英語もベラベラで格好良くて、私はボーッとしていました。
面白いお話を2時間ノンストップでいろいろ教えて頂き、ものすごく楽しかったです。
そしてなんと、正編を頂いてしまいました。厚かましいにもほどがあります…。
西田さん、本当にどうもありがとうございました。

<西田さんのご著書>
蝶の切手 (講談社文庫)蝶の切手 (講談社文庫)
(1986/07)
西田 豊穂

商品詳細を見る
(Amazon)

ハンカチ(虫いろいろ)



渋谷ロフトにて入手。
黒地もあり、どちらにするか迷いました。

昆虫トランプ



2013年、三省堂で入手。

ピンバッジ/シール(ハラノムシ)



このヘンテコかわいいムシたちも、おのりえん先生に頂きました。
画像は、シールの上にバッジを乗せています。
全部くっつけて歩きたいですが、もったいないのでしまい込みました。

ハラノムシとは、人の体内に潜んで病気を引き起こすと考えられていたものたちで、『針聞書』(はりききがき)という戦国時代の医学書に描かれた空想上の生物です。
病気の元の悪者連中をこんなに可愛く描いてしまう昔の人って本当に面白いですよね。
画像上段左から、脾臓の笠虫、悪虫、肝虫、肺虫、蟯虫、気積、血積という名前。
『針聞書』は、九州国立博物館に収蔵されていて、ミュージアムショップには、ハラノムシシリーズのグッズがいろいろあります。
全63種のハラノムシは、以下の本にオールカラーで紹介されています。
おバカな姿のムシたちがたいへん愉快な本です。

戦国時代のハラノムシ―『針聞書』のゆかいな病魔たち戦国時代のハラノムシ―『針聞書』のゆかいな病魔たち
(2007/05)
長野仁・東昇

商品詳細を見る(Amazon)

メジャー(カタツムリ)



頭を引っ張るとメジャーになります。
素敵なデザインです。

はしおき


0img_hashioki002.jpg

上:チョウ、トンボ。下:カブトムシ。
一時期、取り憑かれたように箸置きを集めていました。
でも、虫の箸置きは、あまり見たことがありません。
一般的に食卓に虫を乗せるというのは、抵抗があるからかもしれません。

↓箸置き軍団。動植物、特にウサギ、鳥、瓢箪集めに熱を上げていました。
0img_hashioki003.jpg
(クリックで拡大)

昆虫カードゲーム


神経衰弱 (中国製) ※クリックで拡大

上のカードが2枚ずつ計36枚入っており、神経衰弱をして遊ぶことができます。
キムチさんのTwitterツイートにて知り、どうしても欲しくなり、お店の場所を教えて頂き、買いに走りました。キムチさん、どうもありがとうございました!
5センチ四方の小さな可愛いカードです。クモの絵もあって歓喜!
このカードには、いろんな虫がいますが、マニアックに同科だけで作ったら…というご意見もありました。→こちらのツイート
素人目には微妙な差の各種オサムシなどで作ったら、本当に神経が衰弱しそうです。


以下は、以前入手したトランプとカルタです。

etc_card002.jpg
チョウと食草のトランプ (JT生命誌研究館) ※クリックで拡大

卵から次第に成長し、クイーン、キングで♀♂成虫になります。
ギフチョウ、アオスジアゲハ、ウスバシロチョウ、ナミアゲハです。
そして、このカードの心髄は、ジョーカーにあり。なんと、恐怖の天敵・寄生バチがっ!!

ババ抜きで回ってきたら絶叫すること間違えなし。


昆虫カード (得田之久・作/福音館書店)

カルタ、仲間合わせ、食べ物合わせなど、いろいろな遊び方ができる楽しいカードです。
88枚の札には人気昆虫がずらっと並んでいますが、一部、馴染みのない虫も紛れ込んでいます。それは、カルタゆえの苦心の痕跡。
ラマメゾウムシ、バタマクソコガネ、ロフチビシギゾウムシ、ニノナガタマムシ。
日本昆虫協会編の便利なポケット図鑑、『身近な昆虫』の索引には、「ソ・ヌ・レ・ロ」の項目がありません。つまりこの四つの文字から始まる名前のメジャー昆虫はいないのです。
ということで採用されたであろうマイナー野郎ども。君たちは輝いている!

以下は、恥ずかしながら、私が大昔に作った昆虫カードです。

スプーン(鳥)



トンボのプレートと一緒に購入しました。
鳥のデザインも、素晴らしいです。
スプーンは、割とお手頃価格なので、今後もぼちぼち集めたいです。

シリーズ名:Shangri-La Bird Of Paradise

昆虫フィギュア



ガチャポンで集めた昆虫フィギュアいろいろ。

虫よけろうそく?



頂き物。メキシコのものです。
ハエや蚊の絵が描かれているので、多分、虫よけろうそくだと思います。
大きく描かれている写真の虫は、何でしょう? 見当がつきません。

04 «
2017.05
» 06


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。